中川翔子(しょこたん)が嘘つきと言われる本当の理由は?

エンタメ

中川翔子さんがyoutubeで自分が「嘘つき」だと言われていることについて、動画で反論したというニュースが流れていきました!

そしてこの動画を観た視聴者からは「都合のいいところだけしか釈明していない」と大炎上に!!

 中川によると、以前ファンイベントでファンが用意してくれていた小さな麻雀牌で「国士無双」という形の難しい役を作って「ツモした!」とツイッターに投稿したところ、中川いわく「めちゃくちゃ炎上した」とのこと。ネタだったのにも関わらず、中川は「それが一生言われるから本当に腹立ってる」と怒りを露わに。「本当、風評被害だよね。いい加減にしろよ」とヒートアップしていた。

 しかし、この動画に対しネット上からは「あの猫の写真のことを説明して」「麻雀のことなんてほとんど指摘されてないでしょ」「都合のいいところだけ釈明してない?」という冷たい声が集まっていた。

 「中川と言えば、自身も言っていた通り『嘘つき』という根強いバッシングがありますが、実はそのバッシングの根拠となっているのは中川の言及した麻雀騒動ではありません。最も物議を醸しているのは、2018年に自身の亡くなった猫を追悼する投稿の中に使われていたのが、赤の他人の猫の写真だったことが判明。愛猫と、ネットから拾ったと思われる猫の写真を間違えたことにネット上は騒然。中川はツイートを削除しましたが、このことについていまだ説明されていないことから、今回の中川の発言にネットから『猫のことはどうなの?』といった指摘が集まったようです」(芸能ライター)

引用:livedoorニュース

以前、大炎上した「猫の写真」の件に対して一切触れなかったことで、それがまた炎上という悪循環に!

中川翔子さんは「嘘つき」という根強いバッシングが以前からあり、度々ニュースにもなりましたが、今回は、

なぜ中川翔子さんは「嘘つき」と言われるのか?

という部分を「嘘をつく女性の特徴」と比較して徹底解説していきます!!

スポンサーリンク

嘘をつく女性(中川翔子)の心理1

 自分を良く見せようとしている。

嘘をつく女性はプライドが高く、自分のことをよく見せたいと思っています。本来の自分を偽って嘘をつき、理想の自分を相手に伝えることで満足しているんですよ。

また、コンプレックスが多く、現状に満足できていない気持ちが隠されていることも…。

そんな女性に多いのが「私って芸能人と知り合いなんだよね」という嘘。有名な誰かと知り合いであるように嘘をついて、自分の価値を上げたいという心理があります。

引用:Smartlog

これは中川翔子さんにもかなり当てはまる内容です。そもそも芸能人は自分のことを良く見せるのも仕事の一つです。ただ例え仕事でも「嘘」はいけません。

中川翔子さんは「オタク」を売りにしているタレントさんで、容姿の整った女性タレントが「オタク」というギャップがそもそもの中川翔子さんのブームの起源にもなります。

となると最近のアニメやゲームといったトレンドにも精通していないとキャラが成り立たないのですが、おそらくこの「自分を良く見せようとする」心理が働き、あまり知らないアニメやゲームの情報に知識もない状態でコメントし、その結果「にわかだ!」と言われて、これが「嘘つき」に繋がっているのだと思われます。

嘘をつく女性(中川翔子)の心理2

自分に注目してほしい。

「もっと自分に注目してほしい」「自分に一番関心を持ってほしい」と感じている女性も、嘘をつく傾向が高いとされています。

自分の能力や魅力を認めてほしいという承認欲求から、本来の自分を嘘で加工してしまうのです。

特に、そんな女性は他人と自分を比較してしまいがち。誰かが注目されていると少しモヤモヤしてしまうことも多いのです。

引用:Smartlog

この「自分の能力や魅力を認めてほしい」というのが今回の中川翔子さんでいうと「麻雀問題」になるのでしょうか。

最近、女性タレントが「麻雀」をやるのが流行っている中、中川翔子さんも手を出されたみたいですが、「女性は他人と自分を比較してしまいがち」ということで、もしかすると麻雀にそんなに興味がなかったが周りの女性タレントがやってるので、という浅い動機で始められたのかもしれません。

その結果、この麻雀も「にわかだ!」やら「ツイートの役の上がり方はありえない、やらせだ!」という事になってしまうのではないでしょうか。

スポンサーリンク

嘘をつく女性(中川翔子)の心理3

 プライドが高く、嘘を重ねてしまう。

プライドが高い女性は、自分のミスを認めることを極端に嫌う傾向があります。嘘を見抜き追及した場合であっても「私はそんな嘘ついていない、ひどい」と反対に攻撃されてしまうことも。

自分が嘘をついている自覚や罪悪感があったとしても、プライドの高さから、さらに嘘をついてしまうのです。嘘を重ねることで、余計に嘘を認められなくなる「負のスパイラル」に陥ってしまうこともしばしば。

引用:Smartlog

これも中川翔子さんにかなり当てはまる内容です。「自分のミスを認めることを極端に嫌う傾向がある」ということですが、

タレントのしょこたんと中川翔子が、自身のユーチューブ動画の中で「嘘つき」という自身へのバッシングに反論している。

 中川は28日に自身のユーチューブチャンネルに「自分の名前でエゴサしたら、泣きたいレベルだった…。でもカップヌードルチャーハンは神レベルに美味しかった!」という動画をアップ。その中でエゴサーチし、ネット上からの自身への評価を読み上げる場面があった。

その中で、中川は自身に対する「嘘をやたらめったらつく」という言葉を見つけ、「あなた何をおっしゃってるの? 誰のことを言ってるんですか?」と苦言。さらに「すごい根強いアンチにウソとか言われるわけですよ、私」とこれまでも同様のバッシングを受けてきたことを明かし、「オマエがウソだからな!」と吠えた。

引用:livedoorニュース

この記事でもわかるようにすごく反発されていますよね?ただこの反論の仕方がまさに「自分のミスを認めることを極端に嫌う傾向がある」に当てはまってしまいます。

そしてこの反論の仕方から中川翔子さんはプライドも高いのだと思われます。このプライドの高さからさらに嘘を重ねてしまう、あると思います。

スポンサーリンク

噓をつく女性(中川翔子)の心理4

 嘘をついてる自覚がない。(虚言癖)

嘘をついている自覚がなく、息を吐くように嘘をつく、いわゆる「虚言癖」を持つ女性もいます。本人が全く気付いていない場合も多く、周囲からの指摘によって初めて発覚することも多いんです。

嘘をついている自覚や心理、罪悪感がないので、治すことも簡単ではありません。このように「虚言癖」は、自分や周囲の力だけでは治すことが難しいため、専門の病院を受診するなど対応する必要があるんですよ。

引用:Smartlog

よく中川翔子さんに対して「虚言癖」という言葉がネット上で見られるのですがこれは正直、難しいところです。

自覚なく嘘をついているから炎上するのか、自覚がある嘘だから「噓つき感」が出ているのか、本当にジャッジがしにくいですね!

ただ全く気付いてないかと言われれば、それは違うのではと推測されます。まさに言葉通り、嘘をつく癖がついてしまっているのでしょうか?

猫の写真問題は嘘ではない?

今回、youtubeで「麻雀」の話でご立腹だった中川翔子さんが「猫の写真問題を釈明しろ」と視聴者から批判があった件ですが、この猫の写真問題に関しては、おそらく中川翔子さんは嘘をついていません。

この事件は中川翔子さんがTwitterで飼い猫が亡くなったというツイートをし、4枚の猫の写真をアップしたのですが、一枚が他人の猫の写真だったため大炎上したという内容です。

この件は中川翔子さんの「嘘」ではなく「ミス」です。

自分の飼い猫の写真と他人の飼い猫の写真を間違えるわけがない!!と批判されていましたが、これはフォロワーの方が中川翔子さん宛に「自分の飼い猫が中川翔子さんの猫とそっくり」だということで写真を送り、中川翔子さんもその写真を保存されていたのですが、本当にそっくりで中川翔子さんが写真を見間違えてしまい、ツイートに誤って載せてしまった事から結果的に「他人の猫の写真だ!」と問題になったのが真相なのです。

なので嘘はついてないのですが、結局このツイート自体はすぐに消され、中川翔子さんから何もコメントがなかったために、ネット上であらゆる憶測が広まってしまったということです。

ただ、この件では嘘はついていないものの、「自分のミスを認めることを極端に嫌う傾向があります」という嘘をつく女性の心理のところで紹介したこの部分には完全に当てはまっていますね!

スポンサーリンク

【まとめ】中川翔子(しょこたん)が嘘つきと言われる本当の理由は?

ということで結論ですが、中川翔子さんが嘘つきと言われる本当の理由は、

嘘をつく女性の心理が中川翔子さんに関しては強い傾向にある

これが答えになります。

あとは補足すると中川翔子さんはいろいろなジャンルに手を出しすぎているのも要因の一つですかね。「オタク」タレントという地位でやっていく以上、ゲームやアニメの情報を網羅するのは当然かもしれませんがもっとジャンルを絞ってもよかったのでは?と思います。

その結果が「発言内容が薄い、にわか」となり、最終的に「嘘つき」と言われてしまう。

この「負のスパイラル」を止めないと今後も「嘘つき」という根強いバッシングは続くでしょう。

では最後までお読みいただきありがとうございました(@^^)/~~~

コメント

タイトルとURLをコピーしました