【ドリフト女子】下田紗弥加の経歴は?当初は運転下手のド素人?

エンタメ

「ドリフト女子」として注目を集めている下田紗弥加さんがライブドアニュースで取り上げられました!

いま、自動車業界で大注目を集めている「ドリフト女子」をご存知だろうか。

下田紗弥加(年齢非公開)。168㎝の長身と可憐なルックスから「ドリフト界のアイドル」と称される彼女だが、その実力は折り紙つきだ。空色の愛車『シルビアS15』を駆り、北京で行われた’19年のレディース世界大会で優勝。現在は男性ドライバーに交じって転戦し、競技のトップカテゴリーである「D1GP」への昇格を射程圏に捉えている。

引用:livedoorニュース

美人すぎる「ドリフト女子」と呼ばれ、現在も活躍中の下田紗弥加さんの経歴について今回まとめました!!

スポンサーリンク

【ドリフト女子】下田紗弥加の経歴は?

出身地

千葉県生まれの千葉県育ちみたいです。

学生時代は何をしていた?

中学生の時にバレーボールを始め、高校生になっても継続されています。

「インターハイ出場や全日本選手を目指していた、超体育会系女子でした(笑)」

引用:下田紗弥加アメブロ

とご自身のブログで書かれています。この発言からおそらく千葉県の強豪高校に在学されていた可能性があります。千葉県のバレーボール強豪校一覧がこちら!

  • 敬愛学園高校
  • 市立船橋高校
  • 柏井高校
  • 植草学園大学附属高校
  • 習志野高校

こちらが現在ではありますが、千葉県の女子バレーボール強豪校になります。

もしかするとこの中のどれかの高校に下田紗弥加さんが在学されていた可能性は十分あります!

そんな下田紗弥加さんですがご自身のブログにて、

「県でも有名なスポーツ高校で、気合と根性で頑張っておりましたが、数々の骨折やケガにより、カラダが先に悲鳴をあげ、なんとドクターストップがかかってしまいました!(笑)」

引用:下田紗弥加アメブロ

と語っており、この数々のケガによりバレーボールの道を諦めたそうです。

スポンサーリンク

子供の頃に憧れていた「モータースポーツ」

学生時代にはバレーボールに青春を捧げていたみたいですが、当時たまたま観た「D1GP」でモータースポーツにも興味を持ったそうです。

D1GPとは?

ドリフト走行の技術を競うモータースポーツの選手権

そしてご自身のブログにて、

モータースポーツの世界で生きていこうと決め、まずは貯金がなければ始められないなと思い、とにかく一生懸命貯金に精を出していた貯金女子でした。(笑)」

引用:下田紗弥加アメブロ

と語っており、バレーボールの道を諦めた下田紗弥加さんが次に選んだ道がモータースポーツだったというわけです。ただ当時は「ドリフト女子」ではなく、「貯金女子」だったそうですね!!

スポンサーリンク

塚本奈々美との出会い、車楽人ドライビングスクールへ入校

働きながら貯金をし、モータースポーツに全てを捧げようと考えていたそうですが、何から始めればいいかわからなかったとのことで、そんな時に「ドリフト女子」の先駆けでもある塚本奈々美さんに出会ったそうです。

そして塚本奈々美さんに「車楽人ドライビングスクール」を紹介してもらい、ここから下田紗弥加さんの「ドリフト女子」の道がスタートすることになります。

最初は相手にされなかった

平成27年6月からドライビングスクールでドリフトの練習をはじめたそうですが、当時、車楽人の佐藤代表(現チーム監督)にすぐに諦めると思われ、全く相手にされなかったそうです。

しかし、下田紗弥加さんは「もっと上手くなりたい」という思いで気付けばサーキットに1年間で160回以上も通っていたらしく、これを見た車楽人の佐藤代表(現チーム監督)に「そんなに本気なら俺も本気で教える」とゼロからドライビングテクニックやセッティング方法を叩き込まれたそうです。

そしてモータースポーツを始めて2年目でD1Aライセンスを獲得されています。

D1Aライセンスとは

先程のD1GP(D1グランプリ)で試合出場の際、必要になるライセンスの一つ。ランクによってライセンスの種類も変わる。

その後の経歴一覧

  • 2018年~、D1 LIGHTS参戦
  • 2019年 D1 ALL STAR SHOOT-OUT
  • ショットガントーナメント 優勝
  • IDLC2019 ドリフトレディース世界大会@中国・北京 優勝

ユーチューバーとしての顔

「下田紗弥加のくるくるTUBE」というチャンネル名で活動をされています!登録者数はなんと5万人でドリフトテクニックの動画などを「ドリフトエンターテイナー」として配信されています。

念願のD1GPライセンスを取得

2021年7月10日、11日に行われたD1Lights第4戦の日光サーキットで、ついに下田紗弥加さんが追走決勝で3位に入賞、これにより念願のD1GPライセンスを取得されました。おめでとうございます!

D1でのライセンスには5種類あり上から順に「D1-SUPERライセンス」「D1-GPライセンス」「D1-Aライセンス「D1-Bライセンス」「D1-Eライセンス」となります。

D1グランプリに出場できるのは、「D1-SUPERライセンス」と「D1-GPライセンス」の取得者のみとなっています。

当初は運転下手のド素人?

ライブドアニュースからの引用です。

競技歴5年になる下田だが、当初は運転下手のド素人だったという。

「たまたま大会を観戦した際に魅了され、のめり込みました。マニュアル免許を取りつつ、何年か仕事を掛け持ちして貯金をしました。最初は坂道発進や信号待ちでエンストして、渋滞を起こしたことも(笑)。その後、ドリフトスクールや自主練習に年130日以上費やし、ひたすら練習しました

引用:livedoorニュース

こんな運転の素人だった人が数年でプロライセンスを取得できるとは誰も思わなかったでしょう。

下田紗弥加さんの努力の賜物です!!

スポンサーリンク

【まとめ】下田紗弥加の経歴は?当初は運転下手のド素人?

今回は下田紗弥加さんの経歴は?当初は運転下手のド素人?について解説していきました。

下田紗弥加さんはドリフト世界最高峰のD1GP、FormuraD USA参戦を目指しており、現在もテクニックを磨いています。

今後も下田紗弥加さんの動向に注目が集まります!!

それでは最後までお読みいただきありがとうございました(@^^)/~~~

コメント

タイトルとURLをコピーしました