朝倉未来の油絵「人の闇」作品の意味は?落札価格カンストで誰が買う?

エンタメ

総合格闘家の朝倉未来さんが描いた油絵がヤフオクで出品されて色々と話題になっていますね!

今回はそんな朝倉未来さんの油絵の作品に「どういう意味が込められているのか?」というところと、「朝倉未来さんの絵を誰が買うのか?」

この2点についてあれこれ解説していきます!

スポンサーリンク

朝倉未来さんの油絵の作品「人の闇」に込められた意味は?

ではまず朝倉さんの作品を見ていきましょう。こちらです!

タイトルが「人の闇」です。

この絵は朝倉未来さんのYoutubeチャンネルの企画で描かれました。

なんだか怖い絵ですね!この作品には一体どんな意味が込められているのでしょうか?

朝倉さんがYoutubeの動画内で語っていました!こちらです!

花をとることは、例えば大切な人にプレゼントするっていう、良いことだったりを思い浮べるんですけど。花とか地球にとっては自己中な考え方でしょ。

このようなメッセージ性があると語っておられました。

良いことしてるけど、「花」「地球」にとっては悪だと。この悪が「人間の闇」ということでしょう。かなり深くて壮大なスケールです!

落札価格が100億円でカンストに!?その時の画像を紹介!

今回のYoutubeの企画で朝倉さんとスタッフたちの描いた作品も合わせて、「誰の作品が一番高く売れるのか?」

ということでヤフオクに出したところ、なんと朝倉さんの作品がどんどん値を上げ、約9時間でなんと落札価格がカンストしてしまうという結果に!

こちらがその時の画像です!

見てください!なんと現在の価格が9,999,999,999円に!?そうです、ほぼ100億円です!

出品したのが11月22日の14時59分です。出品してから3時間後に朝倉未来さんはTwitterでツイートしています。

「1時間で100万超えた」とおっしゃってますね!

そしてその後にも、「絵が500万を超えた」「評価的に見ても信憑性の高い落札者ばかり」とツイートしたのですが、このツイートは削除されました。

その削除した理由が上の100億円ですね。あまりにも跳ね上がりすぎて朝倉さんも「冷やかし入札」に気づいたのでしょう。

ちなみにこの100億円カンストは23日現在、元に戻っています。ヤフー側で冷やかし入札を自動削除したみたいです。

スポンサーリンク

結局誰が朝倉未来の絵を買うのか?

ではこの絵を一体誰が買うんだ?というところですが、普通に考えれば「ファン」でしょう。

朝倉さんが「絵が500万いった」というツイートを消したところを見ると、恐らく今回の絵はマックスでも500万くらいなのかな?という予想です。

たた今回、アンチによる冷やかし入札により金額をカンストさせてしまったことによって、ある意味、朝倉さんの絵が注目されました。

こうなると「注目された絵」ということで付加価値が付き、欲しい人が増えると予想されます。そうなるとまた金額が吊り上がり、普通のファンは手が出なくなるのでは?と予想されます。

なので結論、

絵が注目されすぎて価値が上がり、普通のファンは買えなくなる。となると朝倉さんの絵を買うのは、今後の価値を見込んでいる金持ちの人くらい。

という予想です!

スポンサーリンク

【まとめ】朝倉未来の油絵「人の闇」作品の意味は?落札価格カンストで誰が買う?

ということであれこれ解説していきました!

入札の終了日時が11月29日の21時57分です。一体いくらで落札されるのか楽しみですね!

最近メディアを騒がせる事が多い朝倉未来さん。先日行われた1000万企画では、対戦相手をボコボコにして非難されていました。

今回のヤフオクの件も、アンチが入札額をカンストさせたということでまた荒れそうですね。

今後の動向に目が離せません!

それでは最後までお読みいただきありがとうございました(@^^)/~~~

出典:リアルサウンド

コメント

タイトルとURLをコピーしました