舛添要一、小池百合子と不仲!?舛添氏の厳しい発言の理由は?

政治、経済

2021年6月28日にこんなニュースが取り上げられました。

 元東京都知事で国際政治学者の舛添要一さん(72)が28日、自身のツイッターで、東京都議選の投票が間近に控える中、過度の疲労で静養している小池百合子都知事について「ありえないこと」「理解不能」と不満を募らせた。  舛添さんは「私は政党の党首も経験したが、自身の党の候補者のためには、昼間は全国くまなく走り回る。また、夜は大小のメディアの討論会などに参加して、支持を訴える。分刻みで戦い、疲れている暇はない。天下分け目の関ケ原で、徳川家康石田三成が過労で静養するというのはありえないことは誰でも分かる」と憤り、「過労くらいで1週間も戦のときに休むのは政治家失格」と厳しく指摘した。  舛添さんは都知事時代、全身麻酔で股関節を切除し、人工関節に置換する手術を受けたが、手術の翌日から病室で公務にあたった経験を語り、「リモートでも大半の公務はできる。小池都知事の動きは、私には理解不能である」と、取り付く島もなかった。

引用:yahooニュース

長いので要約すると、過度の疲労で静養している小池都知事に対して舛添氏が「過労くらいで1週間も戦のときに休むのは政治家失格」「リモートでも大半の公務はできる。小池都知事の動きは、私には理解不能である」などと結構強い言い方で発言されたというニュースです。

このニュースを見て「舛添氏はどうして小池都知事に対して厳しい発言をするのか?」や、「二人は不仲なの?」と思った方も多いと思い今回解説していきます!

スポンサーリンク

舛添要一と小池都知事の関係性

まず小池都知事はもちろん現都知事なのですが、舛添氏は前都知事です。なので二人とも少しは関係性もあるかと思い調べましたが特に何もなかったです。

しかし2020年の5月29日に文藝春秋が「女帝 小池百合子」という本を出版しており、この本に対して舛添氏がコメントを残しています。

 その指摘は、実は小池百合子都知事にも当てはまる。政策についての理解よりも、派手なパフォーマンスと英語を交えたスローガンを乱発して、マスコミの注目を浴びることに重点を置く都政運営を行ってきたからである。しかも、そこには多くの嘘や誇張がちりばめられており、科学的、データ的に間違っていても、そんなことは気にしない。矛盾の塊であっても、訂正することなく、移ろいやすい有権者が忘れるのを待っている。そして、平気な顔で、以前に言ったことと全く異なることを提案する。 

マスメディアもその矛盾を指摘することなく、彼女のパフォーマンスのお先棒をかつぎ、宣伝をする。いわば、小池都知事の共犯者であり、過去の報道の誤りを訂正することもない。こうして、都政の重要事項が、ワイドショーで消費される材料となる。視聴率さえ稼げれば、彼女の嘘もあたかも真実であるかのごとく伝えるのである。カイロ大学首席卒業という学歴詐称問題に沈黙を守り続けるのとは、対照的にである。

引用:JBpress

ちょっと長いですがこの時も舛添氏は小池都知事のことを結構言ってます。「派手なパフォーマンスと英語を交えたスローガン」たしかに何かと英語で言ってましたよね!

ちなみにこの「女帝 小池百合子」という本の中に小池都知事が舛添氏と熱愛していたと書かれているみたいで、舛添氏はコメントでこの熱愛を完全に否定しています!本当に嘘が書かれていたみたいですね!!

舛添氏が小池都知事に厳しい発言をした理由

では今回、冒頭の記事にあったような厳しい発言を舛添氏はなぜされたのか?

2020年に舛添氏がこんなコメントを残しています。

まず、その日ごとの新規感染者数と、PCR検査数をなぜ同時に公表しないのか。小池知事は、都合のいい時だけ「今日は検査数が何件でした」と口頭で説明するだけで、検査数は1~2日遅れて都のホームページに掲載されます。報道機関もなぜ、日々の検査数をより迅速に公表するよう要求しないのか疑問です。私は強く不満に思います。

――都は、検査数は医療機関から、新規陽性者数は保健所からデータを受け取っていて、双方のデータをひもづけできていないという問題があるようです。

 そんなもの、コンピューターを使えば簡単に解決できます。それをやらせるのが政治家の仕事です。役人に任せておけば、やり方を変えたがりませんよ。戦争に例えると、敵兵の人数、いわば相手の戦力を把握できていない状態です。これで敵と戦わせるのは、特攻隊と同じことです。日本の負けパターンですね。

 また、こうした数字の集計や発表の仕方をしている限り、恣意的な情報操作が可能ではないかと思えます。ファクスの調子が悪かった、保健所から来た書類の字が読めなかった、といった理由を付けて。例えば選挙の前に陽性者数を抑えるといったことも、やろうとすればできてしまうという状態なのではないですか。国と都や一部の県で、重症者の定義が異なるのも問題です。私が知事だったら、全国で統一するよう国に強く求めるでしょう。

引用:DIAMONDonline

この時も厳しいコメントを残しています。やはり小池都知事に、というか小池都知事の政策に不満がありそうですね。

気になるのが引用の一番最後の文の、「私が知事だったら、全国で統一するよう国に強く求めるでしょう。」という部分です。

「私が知事だったら」とあります。これは舛添氏の考えが小池都知事と合っていないということを裏付けています。ただここで疑問も。舛添氏は前都知事で色々詳しいので事情を知ったうえで発言されているのでしょうが、舛添氏はもう知事ではないです。

舛添要一と小池百合子は不仲なのか?

先程の続きになりますがもう知事ではない人に「私が知事だったら」とか厳しいことを言われて、小池都知事の立場に立った時どう思いますか?

単純に「もう知事じゃねーだろ!!」ってなりますよね。笑

おそらく二人の仲はあまりよくないのではと思われます。

スポンサーリンク

【まとめ】舛添要一、小池百合子と不仲!?舛添氏の厳しい発言の理由は?

どうでしたか?個人的には舛添氏がちょっと言い過ぎなのではと思いましたが、たしかに現在の東京の状況を見ると「何してたんだ?」ともなります。とりあえず一つ言えることは、小池都知事が体調が良くなり早く復帰できるよう応援しています!

最後までお読みいただきありがとうございました(@^^)/~~~

コメント

タイトルとURLをコピーしました