ラブひな、世代は?自民党の「若年層」の定義とは一体?

政治、経済

自民党が漫画家の赤松健さんを2022年の参院選比例代表候補に擁立しようと調整しているそうですが、その擁立の理由がネット上で話題になっています!

「ラブひな」「魔法先生ネギま!」など美少女ラブコメディーのヒット作で知られる漫画家赤松健氏(53)の擁立を調整していることが分かった。若者世代に知名度の高い候補の擁立で集票拡大を狙う。複数の党関係者が16日、明らかにした。

引用:共同通信

「若者世代に知名度の高い」とあります。

ネット上では、

「ラブひな」「魔法先生ネギま!」って若年層だっけ?

という声が多く見られたので今回は、「ラブひな」「魔法先生ネギま!」の世代と、自民党の「若年層」の定義についてあれこれ解説します!

スポンサーリンク

「ラブひな」の世代は?

「ラブひな」は週刊少年マガジンで1998年から2001年まで連載されていました。

では週刊少年マガジンの読者層はどうなっているのでしょうか?

出典:社会実情データ図録

引用させていただいた資料では、2013年と少し時代がズレてはいますが、この時の週刊少年マガジンの読者層は20代が一番多い事がわかります。

ということは1998年連載スタートの「ラブひな」の世代(当時20歳から29歳)というのは現在、一番若くて43歳で一番年配が52歳ということになります。

「ラブひな」の世代は現在43歳~52歳くらいの人ということがわかりました!

この年齢を若年層と呼ぶのは少し無理があります。

「魔法先生ネギま!」の世代は?

「魔法先生ネギま!」は同じく週刊少年マガジンで2003年から2012年まで連載されていました。

読者層は先程と同じ20代(20歳から29歳)です。なので、

「魔法先生ネギま!」の世代は現在38歳~47歳くらいの人ということです!

この世代であっても若年層なのかな?という印象です。

自民党の「若年層」の定義とは?

では自民党が言う「若年層」の定義とは一体何なのでしょう?

政治家の方達は年配の方が多く50代でも「若い」と言われることがあります。

自民党員の平均年齢はどうなっているのでしょうか?こちらです!

与党は自民党56.9歳、公明党56.4歳。野党は立民54.7歳、日本維新の会49.4歳、共産党62.3歳、国民民主党49.2歳などとなった。

引用:時事ドットコム

56.9歳という結果に!平均なので政治家の方達の高齢化がよくわかります。

なので自民党的には、「57歳を下回る=平均より低い=若年層」みたいな考え方なのかもしれません。

スポンサーリンク

【まとめ】ラブひな、世代は?自民党の「若年層」の定義とは一体?

ということであれこれ解説していきました。

自民党は若年層の集票を考えて今回漫画家の赤松健さんを擁立しようとしています。

「ラブひな」の世代で言うと、現在43歳~52歳の票をとるために赤松さんを擁立しようとしていることになりますね。

謎が深まります・・・

それでは最後までお読みいただきありがとうございました(@^^)/~~~

コメント

タイトルとURLをコピーしました