河野太郎大臣、パワハラ報道は官僚の策略か!?迫る総裁選!!

政治、経済

河野太郎大臣の「パワハラ発言」が今、話題になっています。

ただネット上では、

「これパワハラなのか?」

「録音するとか最初から何か狙っていたのでは?」

というような声が相次いでいます。

今回の報道内容とネットの声とで、色々と政界の『闇』が見えたような気がします。

今回はその『闇』が一体何なのかをあれこれ解説していきます。

スポンサーリンク

パワハラ報道の流れ

散々、ニュースになっているので簡単に説明します。

  • 「エネルギー基本計画」を議題に河野太郎大臣と官僚とで会議
  • 官僚の曖昧な返答に河野太郎大臣がイライラし始め、口調が荒くなる。
  • 『日本語わかる奴、出せよ』と河野太郎大臣が発言(これがパワハラと呼ばれる原因

サクッとこのような感じです。実際のやり取りは音声で録音されており実際、威圧的な口調で発言をしていたと捉えられても、このご時世ではおかしくない内容ではあります。

ただし、ここで先程の疑問が浮かび上がります。

「なぜわざわざ録音していたのか」

「見方によっては討論で熱くなっただけではないのか?」

本当に今回の河野太郎大臣の発言は「パワハラ」だったのでしょうか?

※一応ヤフーニュースで公開された今回の会議のやり取りの文章を引用しておきます。

会議の場で行われたのは、「程度」と「以上」という文言を巡る攻防だ。

河野「日本語では、36~38以上と言うのが日本語だろ」

小澤「え、え、えっと。えっとですね、政策的な裏付けを積み上げてですね……」  必死で「程度」という文言について説明しようとする小澤氏に対して、河野氏はあくまで同じ言葉を繰り返す。

河野「だから36~38以上だろ!」

小澤「いや、積み上げて36~38程度……」  河野氏はなおも説明しようとする小澤氏の発言を遮り、ドスの利いた声でこう怒鳴った。

河野「積み上げて36~38になるんだったら、以上は36~38を含むじゃないか! 日本語わかる奴出せよ、じゃあ!」

引用:yahooニュース

今回の内容は本当に「パワハラ」なのか?

パワハラ問題に詳しい佐々木亮弁護士によると今回の発言は「パワハラ」に当たるとのこと。

「『日本語わかる奴、出せよ』などの発言はパワハラに当たる恐れがあります。厚労省が作成したパワハラの指針では、『精神的な攻撃』という欄で、『人格を否定するような言動を行うこと』と明記されていますが、これに該当するでしょう。こうした高圧的な振る舞いが常態化した場合、官僚からパワハラで訴えられる可能性も出てきます」

引用:yahooニュース

パワハラ問題に詳しい弁護士の方が「パワハラ」だと言っているので今回の報道自体は間違ってはいません。

ただ問題はもっと別な所にあります。

この報道自体が官僚たちの策略だという噂があるからです。

報道自体が官僚たちの策略?その根拠は?

ではなぜ今回の報道が官僚たちの策略と噂されているのか?

このような不審な点があるからです。

  • わざわざ音声を録音
  • 会議での会話の流れ的に官僚の方が理解力がなかった
  • 河野太郎大臣が大臣を続けることを嫌がっている人がいる
  • 河野太郎大臣が総裁選にでることを良く思っていない人たちがいる

要約すると、

河野太郎大臣を良く思っていない官僚たちが、会議をわざわざ録音し今回のような「パワハラ発言」にわざと仕向けて、その内容を週刊誌にリークした。

これが今回噂されている官僚たちの策略説の全容です。

やはりこの時期にこの報道となると、河野太郎大臣の総裁選出馬を阻止しようとしている印象です。

ただそもそも河野太郎大臣は総裁選への出馬は表明していません。

可能性の芽を摘んでおこうという考えなのでしょうか。

テレ朝の玉川徹氏はこの報道を予測していた?

偶然にもこの「パワハラ発言」が報道される少し前に、テレ朝の、朝の情報番組「モーニングショー」で、レギュラーコメンテーターの玉川徹氏が今回の報道を予測されていました!!

さらに玉川氏の口からはこんな“こぼれ話”も。「暗闘が背景にあるのかわからないが、週刊誌が河野さんのバッシング記事を用意しているとも聞いている」

引用:yahooニュース

パワハラ報道より前のコメントです。玉川徹氏はリークがあることを知っていたのですね。

そんなパワハラ騒動の河野氏が出馬予定の「総裁選」について別記事でガッツリ解説しています!
こちら→【2021】総裁選、日程は?候補者、見どころを徹底解説!

ネットの声まとめ

今回の「パワハラ報道」についてのネット上の声をまとめました。

資源エネルギー庁の幹部職員は、「36~38%程度」で茶を濁すつもりだった。
「36~38%程度」って言っておいて、「34%」も有りかな?って。
それを河野氏が、「36~38%以上」って言って、「34%」を無しにした。
単にそういう事だと思いますよ。
確かに「以上」は「36~38%」を含むもので間違ってはいません。
どうせ説明するなら、「36~38%程度」より「36~38%以上」の方が意気込みは感じますし、そういった気持ちで河野氏はやって欲しいって言ったのだと思います。
若干、声が大きく威圧的になるのは人間として仕方なく、なんでもかんでもパワハラ判断も困ったものです。
一般企業の会議でも白熱してくると、あることです。

まず、録音するのが普通なの?
そして、どういう意図で録音した音声を文春にリークしたの?

実際の音源は聞いていないけど、普通に企業でも納得行く説明がなかったら怒ったり怒鳴ったりはするでしょう。
理不尽に怒ったり怒鳴ったりしたらパワハラ、モラハラと言われるでしょうが、この程度は普通に議論の範疇と思うけど。

シンプルに考えましょう。
36~38%以上というのは日本語としておかしい。
最低ラインを作りたかったのなら、36%以上ないしは38%以上です。
河野大臣が意気込みを示そうとするのはよろしいかと思いますが。

今回の報道の核心をついたような意見や、やはり音声録音に違和感を覚えるという声も多かったです。

スポンサーリンク

【まとめ】河野太郎大臣、パワハラ報道は官僚の策略か!?迫る総裁選!!

ということであれこれ解説していきました。

今回の報道で一つ疑問に思うのが、仮に官僚の策略説が真実だった場合、この「パワハラ報道」で河野太郎大臣にどれほどのダメージがあったのか?ということです。

正直、ダメージはほぼ皆無でしょう。

逆にネット上では策略説が広まっています。

この報道で「得」をした人はいるのでしょうか・・・

それでは最後までお読みいただきありがとうございました(@^^)/~~~

コメント

タイトルとURLをコピーしました