小室夫妻の新居、家賃55万は高いの?安いの?現地の相場を調査!

エンタメ

小室圭さん、小室眞子さんのNYの新居の家賃が約4800ドル(約55万円)というニュースが報道されました!

1ベッドルームということで日本の1LDKに相当するお部屋だそうですね。

ネット上では新居の場所の特定などで賑わっていますが、そもそもこの家賃55万円って

「高いの?安いの?」ってなりませんか?

今回はお二人のお住まいのミッドタウンイースト地区にある「ヘルズ・キッチン」と呼ばれるエリアの1ベッドタウン(1LDK)の家賃の相場を調査しました!

この相場が分かれば小室夫妻の新居が相場より高いのか?安いのか?がわかります!


あと別記事では小室圭さんの渡米時のダースベイダーの真相についてあれこれ解説しています!
気になる方はこちら→小室圭のTシャツが話題に!ダースベイダーの名前の由来が関係?

スポンサーリンク

小室圭、小室眞子の新居の家賃は現地の相場に対して高いのか?安いのか?

出典:ヤフーニュース

結論から言うと小室夫妻の新居の家賃は、現地の相場より高いです!

ミッドタウンイーストは5番街から東、42丁目と59丁目の間。グランドセントラル駅や国連本部があるため警備が厳しく、国連総会の時期は道路が封鎖される。オフィスがミッドタウンにあれば徒歩通勤が可能なうえ、日本食材店もあるので、日本人駐在員世帯が住みやすい地域。40丁目から50丁目付近は日本食レストランが集まり、単身赴任者に根強い人気がある。築浅の賃貸ビルが少なく、コンドミニアムが多い。マレーヒルは国連本部の南側、30丁目と42丁目の間。80年代に高層コンドミニアムの建設ラッシュを迎え、最近は改装・改築物件が増えている。公立学校の質も良いことから、日本人駐在員世帯の間で人気が高い。

間取り賃貸
ドアマン付きビルの1ベッドルーム3,650ドル〜

引用:ニューヨーク便利帳

相場が約3650ドル(41万円)ということで、小室夫妻の新居の家賃約4800ドル(約55万円)は、場より高いという結果でした。

まあここまでは予想通りですね。

では相場はわかったので次は、実際この地区の家賃の平均がいくらなのかを調べてみました!

平均だとまた違った結果になりそうです!

スポンサーリンク

小室圭、小室眞子の新居があるエリアの家賃の平均は?

家賃の平均はなんと約5000ドル(約57万)となりました!

今回調査に利用したのがこちらのサイト!

https://www.redacinc.com/NewYork/MidtownWest.aspx

ここに記載のある83件の1ベッドルームの家賃の平均となります!

小室夫妻の新居の家賃が約4800ドル(約55万円)に対して平均の方が高いという結果に!

というのも、この地区の1ベッドルームの家賃の最低が3050ドル(約34万円)で、

最高はなんと12500ドル(約142万円)だったのです。

これにより平均が上がっているのでしょう。

そんな中での小室夫妻の4800ドル(55万円)はそこまで高くないのかな?という印象です。


あと別記事では小室圭さんのニューヨーク司法試験の受験料についてあれこれ解説しています!
気になる方はこちら→小室圭、司法試験の受験料はいくら?その他の費用は?

スポンサーリンク

【まとめ】小室夫妻の新居、家賃55万は高いの?安いの?現地の相場を調査!

ということであれこれ解説していきました。

相場よりは高かったものの、そこまでぶっ飛んだ金額でもなかったですね。

ただこのお二人は何をしても「国民の税金」がちらついてしまうので、高かろうが安かろうがといったところですね。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました(@^^)/~~~

出典:ライブドアニュース

コメント

タイトルとURLをコピーしました