小池百合子、国政復帰の可能性は!?国政新党設立はなぜ?

政治、経済

小池百合子東京都知事が特別顧問を務める

「都民ファーストの会」

が国政新党の設立について10月3日に記者会見を開くそうです!!

このニュースで「小池さん、まさか国政復帰か!?」

というネットの声が多数あったので今回は、

「小池百合子の国政復帰の可能性はあるのか?」

という点をあれこれ解説していきます!

スポンサーリンク

【結論】小池百合子の国政復帰の可能性は低い

出典:産経ニュース

まず結論から言うと「国政復帰の可能性は低い」です。

なぜかというと、都民ファーストが国政新党を設立する件に関しての小池都知事都知事のコメントが、

小池氏は1日、報道陣の取材に「私は都民フの動きについて関知していない。私自身が総選挙に出馬する意思もない。都政にまい進しているところで、何よりも今、新型コロナウイルス対策の真っ最中ということだ」と述べた。

引用:yahooニュース

ということでこの時点で出馬の意思がないと表明。

これで「やっぱり出ます」はさすがにないと予想。

しかし、小池都知事の気になる発言が一つあります。

スポンサーリンク

関知していない(国政新党設立の件)

自身が特別顧問を務める地域政党「都民ファーストの会」による国政新党の設立方針については、「関知していない」と強調した。

引用:yahooニュース

党の特別顧問を務める小池都知事が国政新党設立について

「関知していない」

と言い放ちました。

特別顧問に話を通さずこのような発表ができるのか?

ちなみに会見を行うのは都民ファーストの荒木千陽代表です。

「荒木氏が小池都知事に何の相談もなく国政新党設立を発表する」

これが疑問点となり、その結果小池都知事の「出馬しない」発言に信憑性が無くなりました。

国政新党設立の理由は?

出典:ヤフーニュース

では都民ファーストの会がなぜ国政新党設立を発表したのか?

実は2017年にも都民ファーストは「希望の党」を結成し、国政の為の新党を立ち上げている。

2017年10月の衆議院選では立憲民主にわずかの差で敗北。野党第一党の座を獲得できず。

この選挙の時も小池都知事は出馬か出馬しないかで話題になっていました。小池都知事はこの時出馬せず。

なので今年の選挙も全く同じ流れになると予想されます!

新党設立に関しては勝算があっての事でしょう。「今回は立憲民主に勝てる!!」

という算段があるのかもしれません。

スポンサーリンク

ネットの声まとめ

では今回のニュースについてのネット上の声はどうでしょうか?まとめました!

出たー。やっぱり衆議院選に立候補か?

都政で何の成果も出さず、コロナで苦しむ都民を置き去りにして立候補か。これまで騙されて菅さんを批判してきた都民も目が覚めるだろう

無免許都議の「排除」が先でしょ。というか、国政に裏でかかわる暇あれば、五輪の費用検証とか、病床確保ちゃんとやりましょう。都民が払った税金と大切な都民の命を守るのがあなたの仕事でしょう。

国政新党の前に、無免許都議会議員の木下冨美子何とかしろよ。
免停明ける日を一日間違いしてたとか抜かしてたけど、活動報告の立ち寄り先の写メに愛車がしっかり写ってる時点で、悪質な故意犯であることが確実なんだけど。

全く必要ないと思います。
都ファは都議の不正ですら正す事ができないのに
国政など有り得ない。 自分達の党からでて当選
して法律すら守れない人を辞職すらさせられない
党は問題外。 小池も政治に必要ないと思います。
1日も早く辞職してもらいたい。

ということで小池都知事の出馬うんぬんもそうですが、元都民ファーストの問題児「木下富美子」議員を先にどうにかしろ!という声が多く見受けられました。

そんな木下富美子議員が一体何をやらかしたのかは別記事でガッツリ解説しています。
こちら→党員資格停止処分の木下富美子都議!免停の理由とひどい言い訳!

スポンサーリンク

【まとめ】小池百合子、国政復帰の可能性は!?国政新党設立はなぜ?

ということであれこれ解説していきました。

冒頭にも伝えましたが、小池都知事の出馬の可能性は限りなく低いと見ていいでしょう。

ただどんでん返しも可能性0ではありません。

10月3日の都民ファーストの会見で何か新発展もあるかもです。

問題児の木下富美子議員についても何かコメントがあるかもしれません。

元とはいえ「都民ファーストの会」から当選した議員なのですから。

ちなみに木下富美子議員の現在についても別記事で細かく解説!
こちら→SDGs東京とは?新会派を立ち上げたのはなぜ?【木下富美子】

それでは最後までお読みいただきありがとうございました(@^^)/~~~

出典:ヤフーニュース

コメント

タイトルとURLをコピーしました