五木ひろし、紅白は「卒業」ではなかった!?本当の理由は??

エンタメ

五木ひろしさんの紅白連続出場記録が50年でストップとなりました。

ご本人が10月17日の大阪で行われた公演で今年の紅白不出場を発表したそうです。

「簡単に達成できるものではありません。喜びを胸に(紅白を)終了したいと思います」

ということですが、ネット上ではこんな疑問がありました。

「卒業(辞退)したの?それとも落選?」

確かにネットニュースでは詳細が書かれていません。

なので今回はこの疑問に関してあれこれ解説していきます。

スポンサーリンク

五木ひろし氏、紅白は「卒業」ではない?

出典:女性自身

ニュースを見た方は、

「五木ひろしさんも50年連続で出場して区切りだし、ゆっくり(卒業)したいのかな」

と思ってしまったかもしれませんが、実はそうではありません。

そもそも、どのニュースも「卒業」という書き方をしていません。

「不出場の意向」とかがよく書かれている文言ですね。

では一体なぜ今年で紅白不出場なのでしょうか?

スポンサーリンク

本当の理由は「落選」

そうです、「落選」が本当の理由となります。

NHK側が五木ひろしさんに打診したのでしょう。

NHKはこれまで紅白歌合戦の出場に関して、「落選」という言葉は使ったことがありません。

しかし毎年、発表される紅白の出演者一覧に名前がなければ事実上の「落選」となります。

ただ50年連続で出場していた五木ひろしさんには前もってNHKが打診していたそうです。

それも去年(2020年)の紅白出場の際に既に話が行われていた模様。

今回の紅白出場によって、五木は北島三郎が持つ最多出場記録に並び、しかも史上初の「連続50回出場」を達成した。実は今回の出場をもって、NHKは“卒業”させたかったのだという。

「今年(※2021年)また出場すれば、51回目となり、北島の金字塔を抜く形になってしまう。そこでNHKは昨年の出演依頼の際、五木サイドへ“最後の紅白に”と打診しました。ところが、人一倍名誉欲の強い彼はそれに難色を示して……」(芸能関係者)

引用:週刊新潮

このニュースは週刊新潮から2021年の1月に報道されたものです。

ニュースには「北島三郎の金字塔を」とあり、連続出場記録50年の北島三郎さんの記録をNHKが抜かせたくなかったというニュアンスで書かれています。

これが本当の理由なのかもしれません。

とりあえず今回の「落選」に関しては去年の時点で話があったのは確実です。

スポンサーリンク

実は紅白の卒業(辞退)はない説

紅白の不出場のニュースに関してはよく、「紅白卒業(辞退)」と書かれた文言をよく見ませんか?

じつはこれは本当の理由は全て「落選」なのではないかという説があります。

辞退に関しては去年、「Snow Man」のメンバーが新型感染症により出場辞退というのがありましたが、本当の辞退はこれくらいだと思われます。

やはり「落選」っていう言葉自体がイメージの良い言葉ではないため、「卒業」や「辞退」が使われるのでしょう。

「卒業」と「落選」で騒動になった例

2015年にももいろクローバーZが「紅白を卒業する」と発表し大炎上しました。

この騒動はアイドルグループの紅白卒業宣言が「何様だよ」となり炎上したのですが、実際はNHK側から「落選」の通達があったそうで、それなのに卒業宣言したということでさらに批判を浴びていました。

スポンサーリンク

【まとめ】五木ひろし、紅白は「卒業」ではなかった!?本当の理由は??

ということであれこれ解説していきました。

五木ひろしさんの紅白不出場の本当の理由は卒業(辞退)ではなく、

「落選」

が本当の理由になります。

しかし厳密には、

「北島三郎の50回出場記録を超えさせたくないというNHKの思惑により落選となった」

というのが具体的でしょうか。

五木ひろしさんは今年も出場する気満々だったそうで、なんだか可哀想な気がします。

まあ紅白の演歌枠は毎年減っていってるようなのでこれも「時代」なのでしょうか・・・

それでは最後までお読みいただきありがとうございました(@^^)/~~~

出典:HMV

コメント

タイトルとURLをコピーしました