ブランド総合研究所とは?群馬県知事が法的措置検討の会社の全貌!

日常、暮らし

群馬県の山本一太知事がぶちギレてます!!

その理由は「ブランド総合研究所」が毎年発表する「都道府県魅力度ランキング」で群馬県が44位(前年40位)だったことに対してです。

この結果に山本一太知事はブランド総合研究所に対し、

「法的措置を含めた検討を始めた」

という事態に。

今回は群馬県知事から法的措置をとられるかもしれない

ブランド総合研究所とは??

についてあれこれ解説していきます!

スポンサーリンク

ブランド総合研究所の概要

出典:ブランド総合研究所HP

  • 2005年11月21日に田中章雄氏によって設立
  • 資本金2500万円
  • 東京都港区虎ノ門に本社がある
  • 社員は10名ほど
  • 地域ブランドおよび企業ブランドの研究とコンサルティングを行う専門企業
  • 「地域ブランド調査」「SDGs調査」など調査事業
  • 企業・官公庁・自治体などからの受託調査

ということで、要約すると「民間の調査会社」といったところでしょうか。

今回の騒動になっている「都道府県魅力度ランキング」はこの地域ブランド調査事業にあたります。

スポンサーリンク

都道府県魅力度ランキングは地域ブランド調査の項目の一つにすぎない

出典:アメブロ

地域ブランド調査の項目はなんと84項目もあるそうです。

そしてその項目の一つが今回の「都道府県魅力度ランキング」ということです。

ちなみにこの「都道府県魅力度ランキング」は公表されていますが、他の83の項目はお金を払わないと見れないそうです。お値段は7万4千円だとか。(2020年に群馬県は公費でこの報告書を買ったそうです)

なぜ「都道府県魅力度ランキング」だけ公表しているかというと、ブランド総合研究所の田中社長曰く、

その方が分かりやすいからです。非常にシンプルな形で数値化しています。たくさんの指標から足したり引いたりして指標にするものと、どちらがが信頼性が高いのかと言えば、単純な方が統計から言っても信頼性が高いのです」

引用:SankeiBiz

とのことです。

スポンサーリンク

社員10人ほどで信頼性のある調査ができるのか?

社員が10人しかいないということで、全国の調査などするには少なすぎるという印象です。

ただ調べてみると、実際はサンプリングの調査モニターは複数の会社を使っているそうで、約450万人の調査モニターを確保しているそう。

なので調査には社員以外で100人ほどが関わっているみたいです。

魅力度の調査項目、調査方法

提示した地域名に対し、「どの程度魅力的に思うか」を質問し、「とても魅力的」から「まったく魅力的でない」までの5段階評価で回答するみたいです。

そのうち「とても魅力的」「やや魅力的」などと回答した人の割合のみを反映し、それぞれ選択肢に付与した点数を加重平均するというやり方で魅力度ランキングを作成しているみたいですね!

ちなみに2020年のデータですが、調査方法としては、

6月24日から7月20日にかけて全国の20~70代の男女を対象にネットで実施。31734人の有効回答が集まったという。ただ、1人の回答者は20の地域について回答しており、地域ごとの回答者数は平均で約599人でした。

スポンサーリンク

下位の都道府県は大体同じ

出典:アメブロ

今回の群馬県の近隣では茨城県が最下位の47位(同42位)、栃木県が41位(同47位)で、北関東3県の低迷が続いています。

で、このランキングは毎年発表されるのですが、基本的に順位に大きな変動がありません。北海道は12年連続で1位です。

群馬県がいきなり上位にくることは難しいでしょう。やはり有名な観光地の多さ等もランキングに影響するので、そこは大きく変わりません。

だからこそ下位の都道府県は毎年下位になります。

なので下位の都道府県に関してはこの毎年の魅力度ランキングはちょっと可哀想な気もします。

ネットの声まとめ

では今回の「ブランド総合研究所」についてのネット上の声をまとめました。

県知事ならもっと魅力ある県にしろ!という気持ちもあるが、、、

そもそもこのランキング自体、本当にアンケートをとっているかも怪しいし、
根拠が乏しい。

魅力というよりも、そこに遊びに(旅行に)行きたいランキングであって、
本当に魅力があるかはかなり怪しい。

加えて、住みたいところランキングも同様。
吉祥寺が毎回1位になるが、吉祥寺なんか住もうと思わん。
あんなへき地に誰が住みたいんだよ!

このランキングを出す、ブランド総合研究所という会社は、元日経の田中が立ち上げた会社です。つまり、マスコミにパイプのある人が創業した会社です。
そして、ブランド総合研究所は、地方の地域おこしコンサルもしています。

地方自治体の方は、こんなランキングに右往左往して、地域おこしに依頼する等の行為をしないで頂きたいですね

民間調査会社が内部の資料として評価する分には良いがこの様な形でランク付けをし、それを公にする事は不動産の評価にも影響するし、都道府県に対して侮辱する行為にとられても仕方ない。無視もありだが法的措置もありだと思う。魅力は個人の価値観で判断する物である。

ということで「ランキングの根拠は?」や「ランキングは必要ない」という声が多く見受けられました。

たしかにランキングの名前自体が下位の都道府県に余計に悪い印象を与えていますね。

スポンサーリンク

【まとめ】ブランド総合研究所とは?群馬県知事が法的措置検討の会社の全貌!

ということであれこれ解説していきました!

ブランド総合研究所は民間の調査会社で、色々な調査を行っています!

その中の地域ブランド調査の84の項目の中の一つが今回の「都道府県魅力度ランキング」ということです。

どういう会社なのか少しでもこの記事を読んでいただいて理解が深まれば幸いです!!

それでは最後までお読みいただきありがとうございました(@^^)/~~~

出典:産経ニュース

コメント

タイトルとURLをコピーしました