アメトーク年末家電2021で土田が紹介した加湿器のメーカーや値段、口コミは?

エンタメ

今回は2021年12月30日(木)放送の『アメトーーーーーーーーーーーク! 最長!5時間40分SP』で家電芸人の土田晃之さんが紹介した加湿器についてあれこれ解説していきます!

土田さん激推しの加湿器とは!?

スポンサーリンク

アメトーク年末家電2021で土田が紹介した加湿器のメーカーや値段、口コミは?

2021アメトーク年末家電で土田さんが紹介した加湿器はダイニチ(Dainichi)のRXT SERIES【2021年モデル】です!


※こちらの商品はHD-RXT521(プレハブ洋室14畳まで/木造和室8.5畳まで・加湿量500mL/h)です。

ということでダイニチ工業から発売されている加湿器でしたね!ちなみに土田さんは2019年にもダイニチの加湿器を紹介しています。相当このメーカーの加湿器を気に入っているようです!

ダイニチ工業 ハイブリッド式加湿器 RXT SERIESの特徴は?

■おやすみ快適モードで就寝時の加湿を更に快適に
■タンクとトレイのヌメりを抑えるAg+抗菌アタッチメント
■お手入れがラクな抗菌フラットトレイ。給水の手間が減る大きなタンク

一番の特徴は土田さんも紹介されていたように使い捨てのトレイカバーでしょう!お手入れも楽で衛生的ですよね!

ちなみにダイニチの加湿器は量販店メーカー販売金額シェア8年連続No.1の実績があります。累計生産台数330万台は超えていてまさに加湿器と言えば「ダイニチ」となっています。

ダイニチ工業 ハイブリッド式加湿器 RXT SERIESのスペックは?

適応面積の目安
 木造和室:~8.5畳(14m2)
 プレハブ洋室:~14畳(23m2)
加湿方式:ハイブリッド式
運転切替(モード):標準、eco、静音、おやすみ快適、のど・肌、ターボ
タイマー:切タイマー(2・4・6・8時間)
消費電力(最大):163W
加湿量:500mL/h
連続加湿時間:13.5時間
タンク容量:約5L
運転音(最大):30dB
チャイルドロック:○
転倒スイッチ:○
コード長:1.8m
メーカー保証:3年
寸法:幅 375x高さ 375x奥行 175mm
質量:約4.6kg

※こちらはHD-RXT521(プレハブ洋室14畳まで/木造和室8.5畳まで・加湿量500mL/h)です。

お部屋の面積に応じてサイズも選べます!

HD-RXT721(プレハブ洋室19畳まで/木造和室12畳まで・加湿量700mL/h)

HD-RXT921(プレハブ洋室24畳まで/木造和室14.5畳まで・加湿量860mL/h)


※こちらの商品はHD-RXT521(プレハブ洋室14畳まで/木造和室8.5畳まで・加湿量500mL/h)です。

ダイニチ工業 ハイブリッド式加湿器 RXT SERIES口コミは?

ではこちらの加湿器の口コミはどうなっているのでしょうか?レビューをまとめました!

加湿器はダイニチに勝るもの無し

先日テレビでも加湿器No.1で紹介されてました。木造の8畳で使用していますが室内環境快適です!たっぷり水も入るし、掃除も楽そうなので文句の付けよう無しです。

デザインと色に一目惚れしたのとレビューを参考に購入しました。今まで使用していた加湿器と比べるとだいぶ音が静かです。購入して正解!

いかにも「家電」というスタイルではないところがいいですね♪このスクエアなデザインが掃除も簡単でいいですね~。
水のタンクも口が広くて掃除しやすいです。
今までの加湿器はなかなか湿度が上がらなかったのですが、こちらの加湿器はぐんぐん加湿されて大変満足です。

ということでデザイン面、機能面のどれをとっても申し分ない加湿器だということが分かりました!

土田さんがおすすめするの理由がわかりましたね!

スポンサーリンク

【まとめ】アメトーク年末家電2021で土田が紹介した加湿器のメーカーや値段、口コミは?

ということであれこれ解説していきました!

最近では「加湿器と言えばダイニチ」と呼ばれるくらい人気の商品です。冬の空気の乾燥が気になる方、是非購入を検討してみてはいかがでしょうか?

それでは最後までお読みいただきありがとうございました(@^^)/~~~


※こちらの商品はHD-RXT521(プレハブ洋室14畳まで/木造和室8.5畳まで・加湿量500mL/h)です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました