【2021】24時間テレビ募金リレーと去年の募金ランの違いは?

エンタメ

毎年、この時期に放送される「24時間テレビ」ですが今年は『募金リレー』が行われるということで、走者の方の発表もありました。

『募金リレー』と聞いて、去年の『募金ラン』を思い出した方も多いのではないでしょうか?

なんと言っても、去年の「募金ラン」は私道のコースを1周するたびに、ランナーが10万円募金するという中々、パンチの効いたチャリティーとなりました。

今年の「募金リレー」と去年の「募金ラン」は何が違うのでしょうか?解説していきます!

スポンサーリンク

今年の「募金リレー」とは?

日本テレビは15日、今年の「24時間テレビ44」(21日~22日放送)でチャリティー縦軸企画「復興への想いを繋ぐ 募金リレー」を行うと発表した。合計10人(予定)のランナーがリレー方式で約100キロを走り、第1走者は番組メインパーソナリティーの「King&Prince」岸優太(25)が務める。元ラグビー日本代表の五郎丸歩さんやトリノ五輪女子フィギュアスケート金メダリスト荒川静香さんも参加する。

引用:yahooニュース

10人のランナーがリレー形式で100㎞を走るそうです。

単純に1人10キロ走る計算ですね。

感染症対策の為に、公道を走らず、ただ敷地内を走るとなると同じ風景が続くので、恐らくそこを考慮しての10人のリレーなのでしょう。

では続いて去年に行われた「募金ラン」についても解説します!

去年の「募金ラン」とは?

引用:ハリーの自由帳

去年はシドニー五輪女子マラソン金メダリストの高橋尚子さんがこの「募金ラン」の企画を番組に持ち込んだみたいで、その内容は、

  • ランナーは高橋尚子さんとその他5名(土屋太鳳さん、吉田沙保里さん、陣内貴美子さん、松本薫さん、野口みずきさん)この5名は「チームQ」と呼ばれました。
  • 高橋尚子さんは基本ずっと走っていて、「チームQ」のメンバーは110㎞をリレー方式で走った。
  • 5㎞のコースを1週走るたびにランナーが10万円を寄付(募金)するというルール。
  • 結果は高橋尚子さんが一人で115㎞を走り、「チームQ」で120㎞、最後に高橋尚子さんと「チームQ」で1㎞、計236㎞走って募金額は470万円となった。

という事で去年も感染症対策の為にこのような形式で行われました。

この時、話題になったのが、

「ランナーが募金するの?」

という所で、非常に関心が集まりました。ランナーが走った分だけ募金するこのシステムが当時は、

「チャリティーランの意味が違うのでは?」

と疑問の声が上がりましたが結果的には成功だったと思われます。

批判等は少なかった去年の「募金ラン」

当初、感染症の影響で24時間テレビ自体、やるかやらないかで問題になりました。

結局やったのですが、マラソンはできないという判断だったのでしょう。

苦肉の策での「募金ラン」となった訳ですが、いつものマラソンとは違い、走るランナーが走った分だけ募金をしたことで、視聴者からの批判は少なかったと言えます。(例年のチャリティーマラソンのランナーは走るだけなので)

今年の「募金リレー」と去年の「募金ラン」の違いは?

この違いの前に、まず今年の募金リレーの概要ですが、この記事を書いている(2021年8月15日現在)ではそもそも去年のような走った分だけの募金が行われるのかという詳細がまだ未定となります。

なのでここからは憶測も少し入りますが、おそらく「募金リレー」という名前にしているので何かしらこのリレー関連で「募金」が行われるのは間違いないかと思われます。

ただ去年のようにランナーが直接募金するスタイルにするかというと、そうではないような気もします。

今年は10名がランナーとして参加することが決まっているので、この10名に募金させるとなると流石に、

「24時間テレビはランナーに募金ばっかりさせてる」

みたいな批判も出てきそうです。

何か違う形での「募金」になると考えらます。

ではそこも踏まえて去年の「募金ラン」との違いをまとめました。

【走るランナーの数が違う】 去年:6名 今年:10名

【ランナーの募金の仕方が違う】 去年:1週(5㎞)走るごとに10万円 今年:未定

というところでしょうか。今年の募金の概要はわかり次第追記します!!

8月21日追記!

ランナーの方は普通に走ってますね。

去年の募金ランとは大きく違うようです!!

去年→ 1週(5㎞)走るごとに10万円募金(ランナーが)

今年→走るだけ

ネットの声まとめ

今回の24時間テレビの「募金リレー」についてのネット上の声をまとめました!

何を考えているか、さっぱり理解出来ない。
走る事と、募金に一体何の関係があるのか?
募金は、大変素晴らしい事ですが、わざわざ著名人に走らせそんな映像をテレビで流して、
それ自体何の意味合いも無い️
そんな無駄な金を使う前にもっと有意義な使い道があるのに何故?
それをしない、不思議でしょうがない。

いまだに、リレーやマラソンと募金の意味がまったくわからない。これだけいろいろと問題視されてても開催するのは、オリンピックを強引に開催したのと、なんらかわりがない。

走ることありきで、どういうコンセプトで走らせようかしか、かんがえて無いんじゃないかな?募金ランとか募金リレーとか、来年は募金駅伝か?無理して走らせなくてよい。
放送するならもっと違う角度から作らないと

走って募金する意味が分からない。走ることで募金を集めるならまだ分かる。
募金したいなら、スッと出せばいいのに。

厳しい意見が多いです。実際、24時間テレビはもともと批判が多いのですが、世の中の感染症などの影響でさらに批判の声が高まっているのと、やはりランナーが募金するというスタイルが去年だけならまだしも、今年もとなると視聴者からの批判がやはり多そうです。(日テレが金だせよ的なやつです)

スポンサーリンク

【まとめ】今年の募金リレーと去年の募金ランの違いは?

ということでここまで解説してきましたが、今年の募金リレーの詳細は先程も伝えましたが、わかり次第追記します。→追記済みです

夏の風物詩の「24時間テレビ」ですが、東京オリンピック同様、「やる意味」が問われているのが現状です。

この感染症対策の中で、日テレがどのように「24時間テレビ」を進めていくのか。

8月21日からの「日テレ」の戦いぶりに注目が集まります。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました(@^^)/~~~

出典:マイナビニュース


コメント

タイトルとURLをコピーしました